LINE返信が来ない!

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

LINEで悩むくらいなら、脱・LINEEしてみる?

スポンサーリンク

メール,返信,来ない,女性,口説く,テクニック
こんな事を言うと、LINEで悩んでいる皆様になんだか申し訳ないのですが、
悩むくらいならもうLINEなんてやめてしまいませんか?

 

例えば、既読機能が気になるのなら、
メールの原点Eメールに戻ってみますか。

 

あえて、

 

「俺、LINEしないんだよね。なんか既読とか面倒くさいし。」

 

と言えたらなんだか恰好いいなあと思ってしまいます。

 

時代に流されない男という看板を背中に背負っている気がして、いいと思う女性はいると思います。

 

考えたらEメールは既読機能がないから、気持ちの負担が楽ですよね。
その選択が逆に女性を惹きつけるなんて事もあると思うのですよね。

 

まあまあとはいえ、このご時世ですので、LINEをしていない人は珍しいですね。

 

では、ほかの「脱・LINE」の提案です。

 

途中から電話に変更するというのはどうでしょう?

 

LINEで通話をすると通話料金もかかりませんしね。
男性の長電話は煙たがられるのですが、
仲良くなってきた頃に電話にシフトしていけばいいのではないでしょうか。

 

電話が苦手だという男性もぜひ試してみて下さい。

 

LINEの会話の中での、突然の電話。

 

女性をドキドキさせますよ。

 

他愛もないLINEをしている中で、突然、

 

「今、電話してもいい?声聞きたい。」

 

とメッセージを送ってみてください。

 

でも、電話は短く終わらせてくださいね。

 

あるいは、男らしく

 

「LINEするのはあまり得意じゃないんだよね。電話するわ。」

 

などはどうでしょうか。
電話をいうツールを使わなくなったからこそ、あえての電話で勝負です。

 

他のライバルと同じ事をしていても、気になる女性を振り向かせる事はできません。

 

緊張するかもしれませんけど、勇気を出してください。

 

電話で気軽に話す間柄を作っておくと、とてもいいと思いますよ。

 

付き合い始めた後にも繋がる事です。
女性は好きな人と日に何回もLINEでやり取りをするより、たった一言の声を聞きたいものなのです。

 

こんな時に、LINEよりも電話という癖がついていれば、気軽に電話で話す事ができます。

 

寝る前の

 

「おやすみ」

 

という一言だけでもいいのです。
声でお互いにつながる方が、遥かに信頼関係が強まります。

 

はたまた、文字を打つ事が苦手な男性も多いと思います。
そういう方に「脱・LINE」はいいかもしれません。
電話でお話するきっかけとしてLINEを使えばいいのですよ。

 

文字を打っては、消し、また文字を打つ。
やっぱりダメだと思いまた打つ事の繰り返し。
送信したはいいが、既読にならなくて気になる。
何か言葉が足りなかったのかなと、また追加でLINEを打とうと思い、試みてみる。
結果、くどくて少し鬱陶しいLINEに化けてしまう。

 

そうなるのであれば、文字が苦手な方は、
電話で話す約束を取り次ぐためにLINEをしてみませんか。

 

「LINEで説明するのも邪魔くさいし、電話するわ。何時くらいならいい?」

 

でいいと思いますよ。
LINEを邪魔くさいと表現する男性って、少ないですし女心をくすぐりますよ。

 

逆発想の「脱・LINE」。

 

どうですか?

 

試してみませんか?
高確率で成功する!LINEでデートに誘う方法の記事も参考にしてみてくださいね。

 

【特集記事】女の子との実録会話つき!すぐに使えるLINEの「返信テンプレート」

スポンサーリンク