女心をくすぐるLINE術

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

女心をくすぐるLINE術

スポンサーリンク

どうにかLINEのやりとりまで進展したのに、
女性からの返信がそっけなかったり、
返信が遅かったり来なかったりする…
いまいち相手の反応が感じられない…なんて事はありませんか?
そんなあなたに、女心をくすぐるLINE術の提案です!

 

女心をくすぐるちょっとしたLINEテクニックや、
ほとんどの男性が意識できていない重要なポイントがあります。
このページに書いた女心をくすぐるLINE術を実践すれば、

 

LINEで女性を喜ばせることができるようになるでしょう!

 

女心をくすぐるLINE術

 

LINEで女性の気を引くテクニック

まず重要なのは「相手に自分を想像させる」事です。
ついつい嬉しくてすぐに返事をしてしまいがちですが、
その逸る心を少し落ち着かせましょう。

 

 

テンポの良いやり取りは
一見盛り上がっている様に見えて実は中身がなく
会話が途切れた際に困る事が多いのです。

 

なので、あえて「既読」した後に時間を置き相手をじらす事で
「あれ?どうしたんだろう」という心理に持って行きます。

 

しかし、そのまま放置するのでは
マイナスイメージになってしまうので
二時間程度がベストです。

 

また、その際に「ごめん」や「ちょっと用事をしていて」などと
低い姿勢になりすぎない様に注意して下さい。

 

忙しいのに無理をしているという印象は
相手に敬遠される事もあるので
そういった理由づけは必要ありません。

 

女心をくすぐるLINE術

 

女心をくすぐるには
いかにこちらのペースに巻き込むか
且つそれを相手に悟られない様にするかがポイントになります。

 

 

これらを念頭において、自分流のくすぐり術を構築していきましょう。
きっとより近い関係を築く事ができますよ♪

 

LINEで女性が喜ぶテクニック

もうひとつの重要なポイントは、
女性からの返信がそっけなかったり、
返信が遅かったり来なかったりする原因として、
「女性が喜ぶLINE」を送れていないことにあるんです。

 

ここでは女性が喜ぶLINEの書き方を解説していきたいと思います。

 

まず、LINEを送るときの文の主役には、次の3つのタイプがあります。

 

@一般論を話す
例:「普通、飲み会は金曜の夜だよね」

 

A自分を主役に話す
例:「俺は会社の人と週3くらいのペースで飲みにいってるかな」

 

B女性を主役に話す
例:「○○ちゃんはビールよりカクテルとか飲んでるイメージ。笑」

 

 

この3つのうち
もっとも女性と仲良くなりやすいのが

 

 

B女性を主役に話すことです。

 

なぜなら、

 

女性は感情の生き物なので、
話していて感情の動く男性が好きだからです。

 

そして女性を主役にすることで、
彼女の感情を動かしやすくなります。

 

もし、
「飲みに行くなら金曜の夜だよね」
と一般論を話された場合、
「そうだね」
としか思えません。

 

 

「俺は会社の人と週3くらいのペースで飲みにいってるんだ
と男性の話をされても、
よほどあなたに興味が無い限り
「そうなんだー」
としか思えません。

 

 

ですが、

 

「○○ちゃんはあんまりお酒飲まなさそうだよね〜 (^^)」
「○○ちゃんはビールよりカクテルとか飲んでるイメージ。笑」
「○○ちゃん、俺よりお酒強そう… (^^;)」

 

と彼女の感情を引き出すようなメールを重ねていくと

 

「もっとこの人と話していたい」

 

と思われるようになります。

 

 

「○○ちゃんは〜っぽいね」
「○○ちゃんは〜してそう。笑」
「○○ちゃんも〜でしょw」

 

など、

 

彼女の感情を引き出すことで

 

「嬉しい」 ゚*。:(人´v`*)☆゚:。*゚
「愚痴を聞いて欲しい」 ヾ(`д´*)ノ彡☆
「なぐさめて欲しい」 (´;ω;`)
「自分の話しを聞いて欲しい」 ヽ(≧ω≦●)
「私をわかって欲しい」 (・ε・`*) …

 

こういったニュアンスのメールが彼女から来るようになれば、
かなりあなたへの好感度は上がっているといえます!

 

「女心をくすぐるLINE術」まとめ

  • 相手に自分を想像させるための“じらし”テクを使う
  • 女性を主役に話し、彼女の感情を引き出す

女性は男性と違って、感情の生き物です。
だから彼女からの反応をよくするには、
彼女の感情を動かすことが大きなポイントなんですよ♪
ほとんどの男性が気付いていなかったりするので、
ここに気を付けるだけで、グンと差がつくかと思います。

 

【特集記事】女の子との実録会話つき!すぐに使えるLINEの「返信テンプレート」

スポンサーリンク