親近感のわくLINE&メールテクニック

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

親近感のわくLINEやメールテクニック

スポンサーリンク

女の子にLINEやメールをするとき、当たり障りのないLINEやメールの中に
女の子への「共感」をいれるとグッと距離が縮ることがあります。

 

 

女の子同士で話をするときもそうですが
自分に共感してくれるイコール同じ考えということで、
共感が多いほどその相手と気が合うと判断するのです。

 

 

そこで「俺もそう思う」とか「やっぱりそうだよね」などと
自分も相手の女の子と同じことを考えていたということをアピールしてください。

 

 

そうすると、初対面の相手でも急に親近感がわき
「もっとお話ししたい」ということにつながるのです。

 

 

どんな小さな話題でもLINEやメールの隅々にまで
目を配って自分と同じところを探してくださいね。
ちょっとしたことが思いがけず大きなきっかけになります。

 

 

「LINEやメールのあいさつの部分を少しだけ似せてみる」
というのも使えると思います。

 

 

全く同じでは逆に気持ち悪がられてしまうかもしれないので、注意してくださいね。
あくまでも「ちょっと似ている」「なんとなく似ている」ことがポイントです。

 

 

少し仲良くなってきたらわざと真似っこして
「うつっちゃった(笑)」とかのLINEやメールは効果的だと思います。

 

 

二人がもともと似ているタイプで、
一緒にたくさん過ごしているというアピールになります。

スポンサーリンク